最近テレビコマーシャルでも多く見かけるようになった「香り付き」の洗剤や柔軟剤があります。これらは多くの人も愛用していることと思います。

私自身も香りがあるほうが良いことのように感じていましたが、香り付きのものは体に合わないと気付きました。洗剤や柔軟剤のフローラルな香りを嗅ぐと、頭痛がするようになってしまったのです。

周りにも「香りがダメ」という方がおられ、私だけではないのだということに気付き、周りの方にも悪い影響が及ばないようにと、それからは無添加石けんを使用するようになりました。無添加粉石けんの使用方法も慣れればそれほど手がかからないものでした。

バケツにたっぷりの温かいお湯を張り、無添加粉石けんを混ぜ込み5分ほど置いておけば、石けん液の完成です。洗濯機の柔軟剤を入れておくところにはクエン酸を少々入れて、そのまま普通に洗濯します。無添加石けんにしてからはよく汚れが落ちましたし、生乾きの嫌な臭いも無くなりました。

母の慢性的な喘息もその時期から不思議と無くなりました。もう3年ほどこの洗濯方法です。香りは結構遠くまで飛んでいくので、いつも気をつけている私なりのニオイのエチケットです。